とにかくAmazon株とAlphabet株が欲しい

投資
Sponsored Link

記事のタイトル通りです。

Amazon株とAlphabet(傘下にGoogle)株が欲しいです。

 

理由はGAFAの中で世界を征服する可能性が最も高いからです。

Sponsored Link

GAFAとは

アメリカ4大企業、いや、世界の4大企業の頭文字をとった造語です。

  • Google
  • Apple
  • Facebook
  • Amazon

なぜAmazonとGoogleなのか

Amazon

もうすでにネットショッピングでは敵なし状態ですが、今後、物流・ノークリック注文・エンタメ関連が拡大すると、Amazonで買い物をしない人もいつのまにかAmazonを使っているという状況が生まれるのではないか、と予想するためです。

特に物流は大きな業界ですが、Amazonが自社で航空機・トラックを持ち、世界中の物流を担う可能性が大いにあります。

小売のウォルマートやメイシーズなどのように、既存の物流会社は縮小し、Amazon独り勝ちの時代が来るかもしれません。

 

またPrime videoやPrime musicのようなエンタメ関連もより拡大すれば、テレビやiTunesが必要なくなるのではないでしょうか?

 

そして、今後Amazon銀行ができるのでは、と言われています。

そうなると、本当にAmazonがあれば生活できるようになってしまいますね。

 

正直どこでつまづくのか全く見当がつきません。

懸念材料としては、税金を払っていないことでしょうか?

Google

やはり情報量が圧倒的ではないでしょうか。

TeslaやUberなどが自動運転では先を行っているように報道されますが、私はGoogleには勝てないのではないかな、と思います。

Googleマップで集めた情報量、そして検索エンジンやwebサイトから集められる情報量、これは世界一ではないかと。

Googleは何かセキュリティ上の理由で敬遠されない限り、世界中の情報を独占していくのではないかと思います。

 

1つ懸念材料を挙げるとすれば、Amazonに検索の役割を奪われることです。

現在、アメリカでは何かものを探すときにGoogleで検索するのではなく、Amazonで検索する人の方が多いそうです。

しかし、観光スポットや、企業のWebサイトはGoogleで検索することが多いと思うので、そこまで心配ないでしょう。

AppleとFacebookは?

この2つは、正直、今後数十年に渡って、生活に必要不可欠な企業になる気がしないのです。

 

私はiPhoneを愛用しています。

しかし、圧倒的に価格が高い。(利益率が高い)

より信頼できる、使いやすいスマホが登場すれば乗り換えることも検討しています。

 

そしてFacebookは、、、誰が使うんですか?笑

生活に絶対必要な企業ではないため、私は買いません。

まとめ

株を買う基準として、「生活に必要不可欠なブランドになるか」ということを意識しています。

AmazonとGoogleは生きている以上、どこがで必ず関わってくる企業になるのではないでしょうか?

コメント